股旅記

下町にお寺に温泉、鉄道、御朱印、城めぐり、古い町並み。。。さすらいの記憶。

江戸三十三観音 第五番 大安楽寺



久しぶりの江戸三十三観音。
第五番札所・小伝馬町は「大安楽寺」です。


b0062495_23313225.jpg






小伝馬町は今でこそビジネス街といった趣ですが、
江戸時代は牢屋敷のあった場所。

大安楽寺、それから近くの十思公園一帯に牢屋敷があったそうで、
実は大安楽寺は受刑者を弔う為に創建されたお寺なのです。


b0062495_23363122.jpg


b0062495_2336443.jpg


境内にある処刑場跡の碑。
死罪の大半がこの地で執行され、刀の試し切りなんかも行われたそうです。。。

その為か明治になっても土地の買い手はつかず、今の大安楽寺や隣の
身延別院が明治半ばになって、やっと誘致されたとのこと。


b0062495_2350250.jpg


すぐ近くの十思公園には「時の鐘」が保存されています。
1626年以来、江戸の街に時を知らせた鐘です。



b0062495_23525336.jpg


十思公園には、ひなたぼっこする人がちらほら。

安政の大獄で吉田松陰や橋元佐内らが投獄された牢屋敷の跡地も
今は都心の憩いの場となっています。
[PR]
by hi-paddy | 2009-06-30 23:57 | 江戸三十三観音巡り