股旅記

下町にお寺に温泉、鉄道、御朱印、城めぐり、古い町並み。。。さすらいの記憶。

東京散策  ~お目目はお大事に・新井薬師~


今日は中野区にある新井薬師の紹介。

私はこの「新井薬師」がずっと前から、それこそ大学生になる前から気になっていました。
地図を見るたびにどんなお寺なんだろう…どんな町なんだろうと気になってたのです。

なんでかっていうと、まず、お寺の名前が駅名になっているという点。さぞかし名のあるお寺に違いないと勝手に想像。あと「薬師」っていうのも気になりました。東京にはあんまりないですよね。○○薬師っていうお寺。

というわけで、大学からも近いわけだし、さっそくレッツらゴー♪

b0062495_0425758.jpg


はい!!上の画像に注目!!

新井薬師の最寄り駅といえば、当然、西武線の新井薬師前駅ですね。
地図を見てもそれがよく分かります。

ここで地図の左下をご覧下さい。「ブロードウェイ」というのがありますね。そうです。ここは中野の名物、ディープでマニアックなお店が大集合していることで有名な「中野ブロードウェイ」。実は新井薬師は中野駅から近く、十分歩いていける距離だったことが判明!!ってことで今回は中野駅から新井薬師まで徒歩で行ってみました。




中野の駅前は新宿から中央線で一駅目とは思えないほどの下町です。
さしずめ、西の下町といったとこでしょうか…細長い路地に小さな商店街が連なり、歩いてるだけでもおもしろいです。が、今日の目的はあくまでも「新井薬師」。中野の商店街はまたの機会にでも紹介します。

多くの人で賑わうブロードウェイを抜け、早稲田通りを渡り、薬師銀座商店街を北上すると、いよいよ新井薬師に到着です。

b0062495_1172553.jpg


b0062495_1201596.jpg


やはり名の知れたお寺だけあって、ある程度の人出はありました。

上の写真が新井薬師への入り口。
大寺社の様に立派な門はないけれど、そんなこじんまりさがいい味だしてます。

b0062495_1231367.jpg


新井薬師は別名、「眼の薬師」という名前があるほど、眼の病気にご利益があるとされています。徳川秀忠の五女が眼の難病にかかった際、新井薬師に祈願したところ、たちどころに治ったとの逸話があるほどです。私も最近、パソコンを使いすぎて眼が疲れ気味なので、きちんとお祈りせねば…



b0062495_1312427.jpg


本堂の脇を悠々と鯉のぼりが泳いでいました。春ですねぇ…

新井薬師はその昔、浅草寺と並ぶほどの参拝者を誇った寺院らしいですが、今はそこまでの賑わいはありません。ただ、線香の香りが漂い、地元の子供達が駆け回るのんびりした雰囲気には観光地化されたお寺にはないよさがあると思います。天気のいい日はぜひ散策してみてはいかがでしょう?周囲の商店街巡りもけっこうおもしろそうですよ!
[PR]
by hi-paddy | 2005-05-01 01:38 | 東京下町散策