股旅記

下町にお寺に温泉、鉄道、御朱印、城めぐり、古い町並み。。。さすらいの記憶。

【旅の情報館】  青春18きっぷで旅行しよう!!


前回、青春18きっぷの概要、使い方を紹介しました。
しかし、実際にどうやって使ったらいいの?と思う方もいるはず。今日は18きっぷを使っての旅行法を紹介しましょう!!



◆18きっぷで乗れるお得な列車

18きっぷの良いとこは「JR全線が乗り放題」という点。つまり、北は北海道、南は鹿児島まで自由に行き来できるということ。気合を入れれば18きっぷで日本縦断も可能なのです!!しかし、18きっぷで乗れるのはあくまでも普通列車(要するに鈍行)のみ。鈍行の旅を楽しむという場合は良いのですが、純粋に移動手段として使う場合、効率よく移動して行く必要がでてきます。そんな時、是非利用してほしいのが「夜行快速列車」です。

夜行快速列車の利点は二つあります



①座席指定制でありながら18きっぷで乗車可能。(指定席料金は510円)
  
②夜中に移動してくれるので18きっぷの一日分を最大限に、フル活用できる。




こんなにお得な夜行快速列車を利用しない手はありません!!
以下に代表的な夜行快速列車を紹介していきます。



 ★ムーンライトながら(東京⇔大垣)

   ・東海道線を使用し、東京と大垣(岐阜県)を結ぶ列車
   ・関西・中部方面へ向かう時に使用
   ・お盆、年末年始は特に混雑がひどく、中々指定席を取れない
 

 ★ムーンライトえちご(新宿⇔新潟)

   ・上越線、信越線を使用して新宿と新潟を結ぶ列車
   ・北陸方面はもちろん、東北、北海道方面へ向かう際も便利
   ・「ながら」ほどでないにしろ、こちらもお盆・年末年始は混雑

b0062495_1845099.jpg



この二つが最も有名な夜行快速列車ではないでしょうか。
この他にもいくつか夜行快速列車はあるのですが、詳細はコチラへどうぞ。
指定席券の取り方や時刻表ものっています!!


この夜行快速列車は本当に便利で、例えばムーンライトながらを利用すれば、東京から横浜までの運賃(450円)+18きっぷ1回分(2300円)+指定席料金(510円)で、なんと九州は大分あたりまで行くことができます!!ありえない値段でしょ!?

そのかわり0時からその日の終電までずっと列車に乗ってることになるんですがね(笑)たまにはこんな旅行方法もありではないかと思います(^^;)


◆18きっぷで小旅行

18きっぷの1日分は2300円。つまり、1日の移動がこの値段以上ならば、元が取れたということになりますね。つまり、18きっぷは小旅行をする際にも適しているということ。これならば一日中電車に乗っているということもなく、18きっぷ初心者の方も気軽に出来るのではないでしょうか??

以下に私が過去に行った小旅行のプランを紹介します!!



 ★北関東・焼き物と蔵の町めぐりの旅


b0062495_19543997.jpg



上野→(常磐・水戸線)→笠間→(水戸・両毛線)→栃木→(両毛・東北線)→上野

北関東をぐるりと回る旅行です。途中の下車駅は笠間と栃木。
笠間は焼き物の町として知られ、笠間焼づくりの体験をすることもできます。日本三大稲荷のひとつ、笠間稲荷神社も見所の一つ。一方の栃木は蔵の町並み散策がオススメ。重厚な蔵造りの建物が市内の至るところに残っています。また、ラーメンがおいしいことでも有名です。


このルートで旅行をすると、通常なら4290円かかるのですが、18きっぷならおよそ半額!!
18きっぷは5回1セットなので、どうしても余ってしまうことがあります。そういう時はこんな小旅行をして、消化していけばよいでしょう。



さて、18きっぷを使用した旅行法を紹介してきましたが、最後に注意をひとつ。18きっぷの旅行はいきあたりばったりでいくとエライ目にあいます。地方のJR線では電車の本数が1時間に1本というのがざらにあるからです。電車を逃し、目的地にたどり着けないなんてことがないよう、必ず、事前に時刻表等を使ってばっちり計画を立てていくのがよいでしょう!!

ちなみに私は「えきから時刻表」というwebの時刻表を利用しています。
[PR]
by hi-paddy | 2005-05-27 18:45 | 旅の情報館