股旅記

下町にお寺に温泉、鉄道、御朱印、城めぐり、古い町並み。。。さすらいの記憶。

下町に残るモダン銭湯 ~廿世紀浴場(東京都台東区)~

みなさん、下の写真の建物が何だかわかりますか?実はこれ、銭湯なんです。今回は、この銭湯らしからぬモダンな外観をした、東京都台東区にある「廿世紀浴場」を紹介します。
b0062495_19504767.jpg

この廿世紀浴場が建てられたのは昭和初期のことで、建物には当時、ヨーロッパで流行していたアール・デコ様式の幾何学模様やアーチ型窓、スクラッチタイル、スパニッシュ瓦が用いられています。私たちが普段、東京の下町で目にする銭湯は神社やお寺のような堂々とした造りをしたものですが、この建物は西洋風で、非常に珍しいものです。もちろん現在も営業していて、お風呂に入ることは出来ます。(私は入ってませんが)

この銭湯の所在地は日本堤というところで、商店街や路地など、昭和のにおいのする下町の風情が残っています。また、近くには戦前の建築である「土手の伊勢屋」や、「樋口一葉記念館」があるので散策してみてはどうでしょうか。

それにしても、新札の樋口一葉の顔ってなんか怖い感じがしません?特に目が…

≪最寄り駅≫ 東京メトロ日比谷線三ノ輪駅
[PR]
by hi-paddy | 2004-11-12 13:25 | 建物探訪